助産師という職業とは

助産師の職業の魅力というのは、やはり生命の誕生にまつわるところにあります。自分の手で新しい命が誕生するサポートが出来ること、赤ちゃんが生まれるその時にその場にいられること、ご家族と感動を共有できること、このように命の誕生によって生まれるやりがいが助産師の魅力です。

とはいえ、死産や流産など、悲しい現実に無力感を味わうこともあるでしょう。

助産師の行う業務というのは、その名の通り、正常なお産にまつわるサポートとなります。出産当日に立ち会うだけではなく、妊娠中の女性の定期健康診断を行ったり、出産日までの妊婦さんの体のケアや、心のサポートなどもその仕事に含まれます。

相談に乗ることや、出産後の育児のアドバイスなど、妊婦さんの心配事をなくしてあげることも、助産師さんの大切な仕事です。

健康サポートなどは、血圧をチェックしたり、腹囲、子宮のサイズ、お腹の中にいる赤ちゃんの様子などを把握し、無事出産できるように導いていきます。妊娠中の女性は心が不安定なため、リラックスできるように努めることも重要です。

そして無事出産が終わったあとも、お母さんが体調を崩したり、気持ちが塞いでしまわないように注意をし、サポートしていきます。

助産師の仕事は妊娠や出産、子育てのサポートだけではありません。その女性が自分らしく生きられるように、自分の体に関して正しく把握できるように手助けすることも、助産師の担う役割と言えるでしょう。地域の妊婦さん、お母さん、赤ちゃんが健やかに生活できるお手伝いすることも、助産師に託された仕事と言えます。

一般的には助産師は病院を職場としています。難しいお産を受け持つ際にはお医者さまからの指示を仰いで動く事になるようです。他にも助産所で働く助産師さんや助産院を立ち上げる助産師もいますし、助産院に勤める助産師さんもいます。

近頃は自宅でみんなに見守られながら、温かいコミュニティの中で出産をしたいという人も多いため、助産師を求める声も大きくなっているようです。全体的には決して多い数ではありませんが、助産師さんの中には保健所や母子保健センターで働く助産師さんもいます。

このページの先頭へ