病院やクリニックが看護師専門サイトを使う理由

医療関係者でも看護師・准看護師・保健師・助産師は労働マーケットの中でも売り手市場でとても有利ですから転職する人達も多いです。 看護業界は希望すれば簡単に転職できます。 この点が他の業種と大きく異なる特徴と言えるでしょう。

そんな中、注目されているのは成果報酬型でのビジネスモデルである看護師専門の転職サイトです。 ここでは、病院やクリニックが看護師専門サイトを使う理由を解説したいと思います。 看護師を募集したい病院やクリニックは当初は無料で掲載できます。

実際に転職が決定したら病院やクリニックから報酬を受け取るシステムになっています。 その手数料はいろいろですが大抵は年収の1割から2割に設定しているケースが多いです。 この率は常勤なのか非常勤なのか派遣やアルバイトなのかによっても異なります。

自前でハローワークなどのを使えば安く募集できるでしょう。 なのに「優良」な医療機関や施設ほど看護師専門の求人サイトで看護師を募集するのは何故でしょう? それは募集する側にとって凄くメリットがあるからです。

実際に看護師を募集しようとすると求人募集だけではすまないで面接や採用まで多くの時間をコストが必要になります。 こういった目に見えない部分のコストは大きいと言えます。 採用が決定するまでには大変な作業があるのです。

面接希望の看護師の経験やスキルを見抜くことは簡単にはできないです。 こういった中からニーズがでてきて登場してきたのが看護師専門の求人サイトです。 子育てが終わった既婚者で看護経験5年以上の看護師を探している――こういった希望が病院やクリニックからあればその条件に該当する転職希望者のデータベースからすぐに調べだしてくれます。

求人する病院やクリニックは膨大なコストをかける必要がありませんし急募の場合は特に助かります。 ライバル関係にある病院に内緒にしておきたい求人も登録者だけしか閲覧できない非公開求人にすることもできます。

通常のハローワーク経由の条件よりもワンランク上の条件で求人しているケースも多いです。 求人側からの視点で考えると看護師専門の転職サイトの専任コンサルタントはプロの目線で看護師をニュートラルに判断して評価してくれます。

多くの転職案件を経験しているプロ達は提案力も高いので適切な看護師を推薦してくれるのでとてもありがたい存在です。 転職が決定すればようやく成果報酬の支払いが発生します。

その支払い条件についても、勤務してから半年以内の退職は支払い対象外になるなど求人側の病院やクリニックに有利になるように配慮している場合も多いです。 こういったことから、病院やクリニックが看護師専門サイトを使うようになるのです。

このページの先頭へ